美味しい食べ方〜部位の特徴を覚えて鶏博士になっちゃおう!

もっと美味しく阿波尾鶏をいただいてほしいから、鶏肉の部位の特徴をご紹介しましょう。
鶏肉のこと知っていただくと、ますます美味しく調理していただけますよ!

せせり 砂肝 ハツ・レバー むね肉・ささみ もも肉 手羽 ぼんじり 首肉 砂肝 手羽 テール もも肉 ささみ むね肉 心臓・肝

むね肉

むね肉と干し椎茸の蒸し煮

胸部にある肉。脂肪分が少なく、低カロリーで繊細な味がします。タンパク質が多めなのも特徴です。揚げる・焼く・蒸す・煮る、とどんな調理にも応用できます。


ささみ

ささみのハニーマスタード焼き

胸肉に近接した部位。形が笹の葉に似ていることから「笹身(ささみ)」と名付けられました。鶏肉の中でも、もっとも脂肪分が少なく、味は淡泊で、肉が柔らかいのが特徴です。茶碗蒸しや蒸し鶏などの蒸し料理に、茹でて汁物の浮き身や細かく裂いてサラダにすると美味しくいただけます。また、高タンパク質で低カロリーなささみは、スポーツ選手やボディビルダー、ダイエット中の人の食材としても人気があります。またご年配の方や乳幼児の食事にも適した部位といえるでしょう。


手羽

翼の部分。手羽先・手羽中・手羽元の3つに分けることができます。

手羽先

手羽先

翼の先の部分。手羽先は肉が少ないのですが、ゼラチン質と脂肪を多く含んでいます。そのため、唐揚げ、煮込み、だし作りに最適です。骨ごと時間をかけて、じっくり煮込むと、肉も軟らかくなり、骨の部分のゼラチン質が溶けだして、スープにコクととろみがつきます。


手羽中

手羽中唐揚

手羽先の先の尖った部分を関節より除去したもので、手羽先の一部でもあります。ところで、みなさん、手羽中にはいろいろな名前があるのをご存じですか?骨から肉の一部を離して丸め、骨を手で持って食べやすくしたものを「チューリップ」と呼びます。これを唐揚げにしてるご家庭も多いことでしょう。また、手羽中を開いたものや手羽中を串に刺したものを焼鳥屋さんでは「イカダ串」と呼んだりします。
さらに、手羽中を二つ割にしたものをチキンリブとも呼びます。


手羽元

阿波手羽元

羽の付け根の部分で、別名・ウィングスティックとも呼ばれています。肉が柔らかく、手羽先に比べると脂肪分も少なく、味もあっさりしています。


もも肉

もも肉のかりかり焼き

足の付け根から先の部分。脂肪が多く赤身で、こくのある味が楽しめる部位です。胸肉に比べれば肉は固いですが、鶏肉らしい味わいがあります。また、骨付きのもも肉が販売されることもあります。その他の調理方法としては、シンプルに焼いたり、たれやスパイスをつけて唐揚げにしても美味しくいただけます。
※骨付きもも肉の中央の関節で切り離した上の部分をドラムスティックと呼びます。


焼き鳥屋さん・焼肉屋さんなどでもおなじみの部位をご紹介しましょう。

砂肝

「ずり」とも呼ばれる胃の筋肉のこと。鶏の歯の役割を果たすところでもあります。コリコリした食感がおなじみですね。

肝臓のこと。ビタミン、鉄分が豊富に含まれています。

ハツ

心臓のこと。ハート形をしていて、筋繊維が細かく緻密なので、独特の歯ざわりがあります。お味はクセがなく食べやすいです。

首肉

「首」の部分。首は鶏が一番よく動かすのところなので、歯ごたえもあり美味しいのですが、少ししか取れない貴重品でもあります。

テール

鶏の尾羽の付根に当る部分で、その形から「三角」とも呼ばれています。

その他

軟骨、鶏皮なども焼鳥などで美味しく食べられます。
肉・内臓を取り去った残りを「鶏ガラ」と呼び、中華料理や西洋料理またはラーメンなどの出汁(スープ)を取るのに使われます。
足の部分は、その形から「モミジ」と呼ばれ、中華料理では「鳳爪」と称して、皮を食べる食材として調理されます。