会社概要

社名
株式会社 丸本
所在地
徳島県海部郡海陽町大井字大谷41
業種
食品製造販売業
資本金
2,000万円
年商
131億円(平成25年度)
グループ従業員数
590名
事業所
本社
徳島県海部郡海陽町大井字大谷41
大阪加工センター
大阪府堺市中区東山314
東京営業所
東京都品川区西五反田3丁目9番15号
シェーンレーベンヨシダ303号室
直販店
大阪、奈良各地に4店舗
グループ生産施設
鶏肉処理施設、加工食品工場
主要販売先
関東、近畿、中・四国、九州、その他全国各地
取引銀行
阿波銀行海南支店
グループ企業
オンダン農業協同組合(食肉及び加工品製造)
(株)マルニカンパニー(食品機械メンテナンス、環境保全、食品加工)
(株)だんだんファーム(鶏の肥育)

総合食品メーカーを目指して

「安全性」「信頼性」をモットーに南国徳島から高鮮度な食品を発進します。

現在当グループでは、鶏の肥育管理から処理加工・加熱に至る一貫システムに加え、牛肉・豚肉を含めた加工食品を中心として、製造・卸売・小売の事業展開を行い、設立以来、毎年順調に売上を伸ばし、取引先も全国へと拡大しています。

こうした展開と同時に、私たちは食肉事業だけにこだわるのではなく、様々な食材を使うことによって『より安全で、よりおいしい食品を提供する会社』として新しい道に進んで行こうと考えています。

専門食品メーカーとして蓄積した数々のノウハウや直販店に於けるお客様の生の声を、今後の商品開発に生かし、総合食品メーカーと呼ばれるよう組織づくりにも力を注いでいきたいと思っています。

売上商品分類構成表

商品分類名 構成比
加工食品 49.67%
ペットフード 13.95%
地鶏 10.29%
銘柄鶏 6.67%
牛肉・豚肉 4.99%
その他 14.43%

売上地区別構成表

地区名 構成比
近畿 31.24%
関東 27.10%
四国 26.65%
九州 11.42%
中国 2.68%
その他 0.91%

シンボルマーク

丸本のシンボルマーク

オレンジの丸は、「丸本のハート」を表しており、エメラルド色は、海部川の清流など恵まれた自然環境を表現しています。自然の恵みの上に成立し、そこからバネをつけて広い世界へ成長していく姿でもあります。また「丸本のハート」に安全のセーフティ(Safety)のSをも表現しています。

全体のフォルムは、人が「ヤァ」と手を挙げている姿をモチーフとしており、活気ある人材が集まっている企業でもあることを表現し、さらに徳島県、阿波おどりの姿をも表現しています。

企業理念

味の満足、健康の満足を創造し、 人々のよりすばらしい食生活の未来を築きます。

愛される商品づくり(おいしくて、健康に良い食品づくり)によって
企業を成長させていくことが、株式会社丸本の「らしさ」であり、
また、戦略ドメイン(事業領域=社会での役割)は、「食生活全般」にわたると考えています。

経営理念

約束1.事業

より愛され、夢のある商品づくり、私たち自身が誇れる商品づくりのために、 常に創意工夫につとめ、積極果敢に挑戦しつづけます。

約束2.地域貢献

人々が集い、やすらぎ、豊かで安心して暮らせる、 活気あるふるさとづくりに尽くします。

約束3.社会、社内コミュニケーション

人と人のつながりを大切におもい、一生安心して、やり甲斐をもってつきあえる企業づくりを目指します。

品質方針

私たちは、商品のさらなる「安全性」と「信頼性」を高めていくことが最大の使命と認識しております。


1.お客様第一主義(顧客重視型)

2.法令、規程の遵守(コンプライアンスの実践)

3.品質活動の基本の5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)を徹底する。

4.品質向上・発展のために、各自が品質の基本的な考え方や方法を習得し、全社員参加の品質管理を進める。

環境方針

人に、自然に、地域に、すべてに喜んでもらいたい。


1.地域社会の環境活動と協働

2.省資源、省エネルギー、廃棄物の削減・再資源化の推進

3.環境への影響に配慮した商品開発と、容器包装の適正化の推進

4.法令、規程の遵守と環境管理体制の整備と充実の推進

組織図

丸本の組織図